竹内栖鳳

竹内栖鳳享年77歳

1864.12.20-1942.8.23

明治/大正/昭和

戦前に活躍

出生地 京都府京都市中京区

神奈川 県足柄下郡湯河原町

土田英林/幸野楳嶺

師事

静涯庭所蔵
木下静涯師事

帝室美術院帝国美術

京都画壇重鎮

文展開設当初から審査員

大正:皇室の作品も手がける

官展を中心に意欲作を発表

第1回内国絵画共進会入選

第1回文化勲章受賞

レジオンドヌール勲章

シカゴ万博出品

門下四天王の一人

パリ万博視察に渡欧

楳嶺四天王

戦時下では軍部協力姿勢

近代日本画の発展貢献した先駆者

円山四条派伝統写生を基本とし

古典も学ぶ

水墨画東洋画の伝統も引き継ぐ

西洋画写実画法も取り入れる

弟子の育成に尽力し画塾『*竹杖会』主宰

京都画壇の大半を送り出し

東京国立近代美術館
京都市美術館
京都京セラ美術館
足立美術館

基礎は四条派とし、掛け軸・屏風まで様々な大きさの作品を手掛けた。ヨーロッパ旅行を経て西洋写実画法などを、狩野派に積極的に取り入れ、革新的な日本画の画風を示し貢献し、革新運動を担った。大画面をまとめる技術だけではなく、その筆法には迫力を備えていた。時として、守旧派からは「鵺派」と呼ばれて揶揄されたが、近代化にした代表画家であることに異論が無い。動物を描けば匂いもまで描くと称賛された。弟子の育成に『竹杖会』を主宰、京都画壇の大半を送り出した。卓越した写力は、丁寧で細かい緻密な写生から生まれていた。第1回文化勲章受賞者として西の竹内栖鳳/東の横山大観共に日本画壇をリードした偉大な画家であった。

SEIGAI
SEIGAI

静涯縁研究

2024謹賀新年
『獅子は千尋の谷に我が子を落とす』
https://my-everything-brand.com/miho/
年賀状のお題目/題材
についてのご解説文
本年もよろしく
お願いいたします

Follow me!

竹内栖鳳” に対して1件のコメントがあります。

  1. ピンバック: 池上秀畝 | My Everything

コメントは受け付けていません。